あご削りにはどんなメリットやリスクがあるのか

整形手術を行う際には、必ずメリットばかりではなくデメリットやリスクも考えなくてはいけません。何故かと申しますと、失敗してしまうかもしれないリスクもあるからです。では、あご削りの整形手術を行った際には、どのようなメリットがあって、どんなリスクがあるのでしょうか。一番のメリットは、傷跡が目立たないという事です。口の中を切開して、あごの骨を削ったり切ったりする手術になりますので、見た目に大きな傷跡が残るという事はまずありません。ですので、顔を傷付けることなく施術をする事が可能です。ですが、口の中を切るという事は、万が一神経を傷付けてしまった場合には、まひなどが残ってしまうリスクがあります。ですので、事前にきちんとカウンセリングを受けて、どういった施術を行うので、どのようなリスクがあるのかというのをしっかりと聞いておきましょう。その上で、同意書にサインをするようにして下さいね。

あご削りを行う事で引き起こされるリスク

あご削りは、あごの形をシャープにしたり、小さくすることが出来るという事で、顔の大きさに悩んでいる人などに最適な整形手術です。ですが、当然ですがメリット以外にも沢山のリスクがありますので、施術を行う前にはきちんと医師からカウンセリングを受けなくてはいけません。では、あご削りを行う事でどのようなリスクが引き起こされてしまうのでしょうか。それは、何と言いましても、手術をする際に、骨から筋肉といった組織を引き剥がす為に、どうしても皮膚がたるみやすくなってしまうという事です。顔は小さくなったとしても、皮膚がたるみやすくなってしまったら、もしかしたらきちんとケアを行いませんと、顔全体がたるみやすくなってしまう事でしょう。整形手術は、当然ですがメリットもあればデメリットもあります。ですので、手術前にはきちんと話を聞いて、気になる所は確認をして下さいね。

あご削りに掛かるダウンタイムの注意点

整形手術を行いますと、どうしても術後はダウンタイムというものが発生します。それは、複雑な手術であったりすればするほど、時間が掛かってしまいますので、特にあご削りといったような口の中を切る手術は、二重まぶたのプチ整形感覚で手術を行ってしまいますと、思った以上にダインタイムが掛かって驚くことでしょう。では、あご削りを行う事でどのようなダウンタイムがあるのでしょうか。先ず、基本的に手術後は約1ヶ月程度はダインタイムがありますので、気を付けて下さい。中でも、術後の3日目程度は、腫れがピークになりますので、会社などに勤めている人は注意が必要です。手術を行う際には、夏休みや冬休みなどの長期休みを利用するか、有給などを利用して上手に調整をすると良いでしょう。腫れが酷すぎますと、仕事に支障が出る可能性がありますので、注意が必要ですよ。