あご削りを行う前に準備しておく事

あご削りの整形手術は、術後に直ぐに綺麗な顔を手に入れることが出来る訳ではありません。何故かと申しますと、ダウンタイムというのがあるからです。特に口の中を切開する施術になりますので、術後数日間は個人差もありますが、顔がものすごく腫れてしまいます。では、あご削りを行う前に準備をしておかなくてはいけない事とは、一体何なのでしょうか。それは、何よりも休みの調節をしておくという事です。特に会社に勤めている人は、上手に休みをとって、長めに有給を設定しておくと良いでしょう。何故かと申しますと、数日間は腫れて大変な事になる以前に、シャワーやメイク、歯磨きといった行為も数日間は思う様に出来ない可能性があるからです。あご削りの施術を行う前に、会社に勤めている人は必ず先生にどういったリスクがあるのかというのを、確認するようにしましょう。

あご削りの手術後に気を付ける事とは何か

あご削りは、口の中を切開してあごの骨を削ったりする手術になります。ですので、手術が終わった後のダウンタイムが個人差によりますが、長い人は1ヶ月程度ありますので、十分配慮が必要です。では、あご削りの施術後の食事はどうなのでしょうか。施術後から食事を摂る事は可能ですが、基本的に顔が腫れてしまって、満足に口を動かすことは出来ないでしょう。ですので、出来る限り固形物は控えて、ゼリーやおじやといった、あまり噛まなくても済むような食事を取るようにしましょう。また、1週間から長い人で2週間程度は辛い物や固いものは食べる事が出来ませんので気を付けて下さい。無理に口を開けて固いものを食べてしまいますと、腫れが悪化してしまう可能性がありますので、十分に気を付けましょう。また、食事を取る際に口を開けて、痛みが酷くなるようでしたら、必ず一度医師に相談をして下さいね。

あご削りというものに関して

近年では、女性の美容に関しての意識がどんどん高まっているように感じています。正直なところ、綺麗になりたいという考えはあるのですが、なかなか美容に関する知識を学んだり、時間をかけて肌のお手入れをすることが苦手だと感じています。ただ、女性として綺麗になりたいとは日頃から感じているので、少しずつ雑誌を読んだり、テレビを見て美容に関することを勉強したいと考えています。しかし、テレビなどを見ていると一般人の方でも整形も気軽にできるようになってきた時代でもあります。二重にしたり、鼻を高くするなどの整形はもちろん、あご削りの整形も行っている方もいるようです。個人的には、あご削りは抵抗を感じもするのですが、コンプレックスを抱いている方にとっては嬉しいことでもあるよう感じます。綺麗になりたいと考えている女性が、自分の希望通りの綺麗になれることは素敵なことです。