美容整形「あご削り」で生まれ変わった自分へ

自分の顔の中で「あご」に関するお悩みを持っている方はいませんか。例えば、かみ合わせが反対咬合であご自体がしゃくれていたり、あごが長い、前に突き出ているなど、あごに関する悩みを「深刻」に抱えている方もいるとおもいます。あごは顔の印象の中でも非常に大きなイメージを残します。目や鼻が整っていても、あごが長いだけで「しゃくれた人」というイメージを持たれがちですよね。美容整形の「あご削り」という施術では、その名の通りあごの骨を削ることで、あごを目立たなくすることができます。口の中からメスを入れ手術を行うので、外からの傷はありません。多くの場合、数日間の入院と全身麻酔が必要となります。顔はメイクのたびに鏡で見る場所ですし、悩みを抱える方にとっては画期的な手術ですよね。手術の効果は半永久的と言われていますので、深刻な悩みから解放されるチャンスと言えるでしょう。

あご削りの手術を受ける決断は慎重にしましょう。

芸能人の中には自分の長いあごや突き出ているあごなど一般人ならコンプレックス以外の何物でもない身体的特徴を利用して笑いに変えている人もいます。しかし、一般人なら笑いどころか鏡を見る度に溜息と涙しか出ないという程悩んでいる人もいます。どこかに特徴があると他人にとってその部分はとても印象に残りやすいです。あごが長かったり、突き出ているとあごばかりが目立ち、全身のバランスも悪く見えると悩んでいる人も少なくないです。化粧や髪型で誤魔化すのも限界があります。美容整形クリニックであご削りの決断をする人もいるでしょう。顔の見える部分に傷が残らないように手術してくれますが、大規模な手術になるため後遺症やリスクの確率は高くなります。信頼できる美容クリニックで、納得のいくカウンセリングを重ねた上で決断するべきです。

あご削りの効果とメリット

あご削りは、印象が大きく変わると共に、小顔効果が感じられます。あごを短くするにはこの手術の方法しかありませんが、口内を切開するため傷跡が残りません。し手術中は麻酔をするので、痛みの心配は入りません。ヒアルロン酸やボトックス注入とは違い、半永久的に術後の状態を保てるでしょう。崩れる心配がないため、手術した方が断然いいです。また、相当未熟な医師を選択しない限りは失敗の心配はありません。施術後、大きな腫れは二週間前後、全体的な腫れは一ヶ月程度で引いていきます。その後、痛みがある人もいますが冷やすことで多少治まります。アイスノンをタオルに巻いてつけるなどすると痛みが引きます。鎮静剤や痛み止めをもらえるので、痛みがひどいようなら使用して下さい。費用は手術の種類にもよりますが、安いからといって良いとは限りません。安い分それなりの手術だということを忘れないで下さい。